人気のリノベーション!?リノベーションに注目が集まる理由とは分かりやすく解説!

こちらのサイトでは、今巷で注目されているリノベーションの魅力であったりなぜ選ばれているのかをわかりやすく説明していきます。
新たに購入するよりも、費用を抑えることが出来るというのがポイントです。
しかしイメージだけで進めてしまいますと逆にかかりすぎてしまうということも有りますので要注意です。
諸費用は掛かってきますので、そういったこまごまとした諸費用は事前にきちんと確認をしておく事が大事なポイントです。

人気のリノベーション!?リノベーションに注目が集まる理由とは分かりやすく解説!

巷で注目されているリノベーションは、ここ最近テレビ番組やネットなどでも度々紹介されていますしとても人気です。
家を新たに購入するよりも、リノベーションをする事でイメージも変わりますし新しく生まれ変わらせたり、それぞれの生活スタイルに合った形にすることが出来るのが最大の魅力です。
費用を抑えられるというのも選ばれている理由にあげられていますし、1から家を買うよりも大分節約出来ます。
DIY好きな方が増えていることも少なからず影響していると言えますし、その延長がリノベーションと言っても過言ではありません。
費用を抑えられるのは事実ではありますが、諸費用に関しては意外とかかってきますので事前に調べておく事をおすすめします。

リノベーションを成功させるために後悔しないようにする

最近は、リノベーションをする住宅が増えてきますが、リノベーションをするときに成功するためには一体どのようにしたらよいか気になるところです。
後悔しないようにするためには、まずお金のことをよく考えることが必要になるわけです。
お金とは、つまりリノベーションにかかるお金の事ですがこれがあまりにも高すぎる場合にはローン等を買わなければいけません。
もちろんそのような方法もあるかもしれませんが、すべての人が返済できるわけでは無いことを理解しておきましょう。
つまり、ローンを組んだ場合でも無理な計画を立てている場合には返済できない可能性が出てくるわけです。
そうすると、最終的に後悔することになるため、事前に冷静になって判断することが重要になります。
次に必要なのは、建築会社の選び方になります。
建築会社の選び方はいい加減に選んでしまうと明らかにひどい工事になってしまうケースもあります。
そのため、満足できるところを選ぶしかありません。
しっかりとしたところを選ぶ場合には、十分に口コミや評判などを確認しておきたいところです。
口コミや評判は、インターネット上に落ちているものがたくさんありますが、できるだけ信憑性の高いものを選ぶようにした方が良いといえます。

働く女性に人気急上昇中のリノベーション物件

働くシングルの女性の間で今リノベーションが注目されているようです。
結婚するまで賃貸でと考えている人でも、いつまでも賃貸に住むのは飽きてくるものです。
また家賃を払い続けるのもばかになりません。
思い切ってローンを組んでマイホームを手に入れたとしても、実は月々の支払いはそれほど大きく変わるわけではありません。
賃貸とは異なりマイホームは財産となるので将来売却することも可能です。
ただ新築に一人暮らしとなるとやはり少し贅沢かもしれません。
そこで新築並みの綺麗さを確保しながら、しかし費用を安く抑えることのできるリノベーションが注目されるようになったわけです。
リノベーションであれば元の形をとどめないほど大きく作り変えることも可能です。
単純な中古物件のような古臭さも大幅に軽減させています。
センスの良い工務店を見つければドラマに出てくるようなレトロ調の家や和風モダンなど、既存の住宅に縛られない自由な家を造ることができることでしょう。

リノベーション工事を施した物件は新築のように

建物は土地と違い朽ちる運命にありますが、その建物を延命させる方法がリノベーション工事なのです。
リフォームとの違いがよく言われますが、リフォームは新築時のようにすることを言います。
リノベーションは間取りなどを変更して、新築時とは違う建物にするところが、リフォームとの大きな違いなのです。
リノベーション工事を施した物件は、リフォーム同様に新築のような輝きを取り戻します。
もちろん費用は掛かりますが、家を長持ちさせるには修繕は必須なのです。
日本の家は昔から諸外国に比べて、寿命が短いといわれていました。
ですが、これからはこのような工事を施せば、100年とはいわないまでも50年や60年は当たり前の木造住宅が増加することでしょう。
自分で住むのもよいですが、他人に貸す場合でもリノベーション工事は大切です。
もしも賃貸に出す場合には特に、バスやトイレ、キッチンなどの水回りを中心とした工事を行うほうがよいでしょう。

リノベーションでデザイン性に富んだ間取り作り

リフォームとリノベーションの違いは、どちらかを検討している人にとっては抱く疑問ではないでしょうか。
一般的にリフォームは古くなった建物を新築同様の状態にまで戻す事を指します。
マンションやアパート等の集合住宅の場合、住んでいた人が退去した後に住む前の状態に戻す事を言います。
別の呼び方では、原状回復とも呼ばれます。
英語でのリフォームは、良くない状態から改良する時に言います。
破損、汚れ、時間の経過と共に崩れて来た部分を修理し綺麗にします。
機能的回復を意味しているので、外壁の塗装のし直しや設備の変更、壁紙の張り替え等が挙げられます。
一方で、リノベーションは、今ある建物に工事を行い新築以上の住まい性能を向上させて家の価値を高める時に使います。
今の状態にプラスαの機能性を加える意味です。
リノベーションでは、住まい環境をよりデザイン性豊かな物に変えたり現代風の間取りや内装の変更を含みます。
耐震強度を上げる為の手直しもこれに入ります。

ライフスタイルに合わせて自由に設計できるリノベーション

中古住宅は新築住宅よりも安く買えるので、リノベーションを前提に購入する人が増えています。 リノベーションは間取りや構造も変えられるので、自由に設計してライフスタイルに合う理想の家を持てます。
中古物件なら人気エリアでも希望の物件を探しやすく、リノベーションは自然環境にも優しいです。 気になる物件が見つかったら採光や眺望、通風に加えて周辺の様子も詳しく把握できます。 水道やガス、電気などのライフラインも必要に応じて変えられます。 内装と外装を刷新して間取りを変えれば、快適な暮らしを実現できます。 中古の家は購入価格が安いだけでなく、資産価値の下落も穏やかです。 耐震性に問題がある場合でも、リノベーションを行えば耐震性を強化でいます。 キッチンやバスルーム、トイレなどの水回りも使いやすく変更できます。 最新の設備を導入すれば、注文住宅と同じように快適な環境を得られます。 子供がいるファミリーなら、環境に配慮しながら次世代に良い遺産を引き継げます。

リノベーションによって生み出される価値とは

リノベーションの大きなメリットとして、建物に新しい価値を与えることが挙げられます。たとえば、これまでオフィスだったビルを住居に改修するケースなどもあるのです。
用途自体が変わっており、これまでにない画期的な住居になりました。ガレージをカフェなどの飲食店にするリノベーションも有名です。これによって店全体がアンティークな雰囲気になるメリットを得られます。これも新しい価値に他ならず、ガレージの良さを最大限に活かした結果です。このように、ベースとなる建物の特徴をあえて残すことがポイントです。古民家をワーキングスペースにした例もありますが、これも落ち着ける雰囲気を長所として利用しています。単なるリフォームと異なるのは、こういった用途の転換が含まれていることです。前後で差が大きいほど、斬新かつ魅力的なインパクトがもたらされます。ただし実施するにあたり、どのような効果が生み出されるのかイメージしなければなりません。

リノベーションにつかえるおすすめ物件ってどんなもの?

不動産賃貸において、リノベーションをしてから貸し出しを行う場合が増えてきています。これは、元々古くなっていてやすい物件を仕入れ、それをリノベーションによって新しく見せることによって実際に仕入れたときの価格よりも大幅に高い価格で貸し出しをすることが可能になるからです。このようなものとしておすすめ物件は、築年数が長いものと、事故物件と呼ばれる瑕疵あり物件です。これらの物件がおすすめな理由は、その価格の安さにあります。
当たり前のことですが、築年数が長ければ長いほどその価格は減少していく傾向にあります。その分リノベーションにかかる費用は少し高くなりますが、その点を考慮しても非常に安価での入手が可能となってきますし、瑕疵あり物件についても住むのをいやがる人がいるということで初期投資費は安価になる傾向があり、こちらはリノベーション費用は先程のものよりも高くはつきません。これを踏まえて物件を選ぶことをおすすめします。

リノベーションの施工会社選びはアフターケアを重視しましょう

住宅を建設するのに比べて、リノベーションはアフターケアを軽視する人が多いです。そこで毎日生活することは変わりませんから、困った事態になったらしっかり対応してくれるところがいいでしょう。
重要なポイントはまず長期保証です。10年以上の保証をつけて、保証書を発行していることが重要です。保証書は面倒臭がらずにしっかりと読み込まなければなりません。
次に定期点検サービスを行っていることも重視してください。技術に自信を持っているところはまず行っていますし、気になる点があったらすぐに相談できます。その回数や頻度も会社によって違いますから、厳しくチェックします。
水まわりや電気系統のリノベーションならば、緊急対応サービスも必要です。排水の詰まりや漏水などがあったとき、すぐに対応してくれるところでなかったら、設備を使えないまま我慢する事態になります。電気関係もプロでなければできないことが多いです。すぐに駆けつけて貰う必要があります。

リノベーションなら環境を大きく変更できる

既存の環境を大きく変更したい時にはリノベーションが打ってつけです。リフォームと混同されがちな言葉ですが、リノベーションは最終的な目的地が異なります。
一般的にリフォームは古くなった部分を新築同様に戻す工事に留まる一方、リノベーションは性能を新築よりも高めたり付加価値を足したりすることを目的に行います。まるで異なる空間や外観へと変更を促すことが可能ですので、大胆に環境を変え新しい生活を送りたい時に打ってつけです。それでありながら新築よりも、費用面での負担が少なくて済むのも嬉しいポイントでしょう。工事内容にもよりますが、大きな節約をしながらも雰囲気を一新できるため、非常にコスパの良い選択肢としても人気を集めているのです。条件を満たすことで補助金の対象にもなりますし、限られた予算で新築同様の住まいを手に入れたい時と言えます。とはいえ新築やリフォームならではのメリットもありますので、ベストな選択を行えるようそれぞれを比較して最終的な決断をくだすことが大切です。

著者:二木定

茨城在住のアラサー。栃木に敵対心は持ってない。レモン牛乳うまいよね!
趣味はDIYと模様替えとオシャレ雑貨収集。ミニマリストには一生なれない。

福岡でリノベーションしてみない?